SKIP TO CONTENT

ブライダルリングのお手入れ

エンゲージリングやマリッジリングのお手入れ方法についてご紹介します。

エンゲージリングのお手入れ

ダイアモンド自体は非常に硬い鉱物なのでキズはつきにくいですが、その反面、他のジュエリーと一緒に保管すると、他のものにキズをつけてしまう可能性もあります。エンゲージリングを保管する時は、専用のリングボックスに入れることをお勧めします。また、高いところから落としたり、硬いものに強くぶつけたりすると、割れたり欠けたりすることもありますので、衝撃には気をつけましょう。さらに、ダイアモンドは油になじみやすい性質があり、手の油脂分などが付きやすいといえます。身に付けた後は、柔らかい布などで丁寧に拭いておきましょう。

マリッジリングのお手入れ

プラチナは耐久性のある貴金属なので、漂白剤や化学薬品などに触れても変色することはほとんどありません。ただし、硬度はダイアモンドほど高くはなく、使用しているうちに細かな傷がついていきます。いつまでも美しい状態を保つためには、炊事をする時や入浴時などは外したほうがよいでしょう。ダイアモンドがついているマリッジリングの場合は、一層の注意が必要です。また、リングに圧力がかかると変形してしまうこともあります。重いものを持ったり、スポーツしたりする時も、念のために外しておきましょう。日常のお手入れはジュエリークロスなどの柔らかい布をお使いください。

ミキモトではダイアモンドのセッティングのチェックやクリーニングなど、ブライダルリングの定期的なメンテナンスをおすすめしています。

お近くのミキモト店舗を探す