SKIP TO CONTENT

ミキモトのパールネックレスは、特別な絹糸を使用し、胸元で美しいラインを描くよう調整していますが、 長い間には糸が緩んだり、弱くなったりすることがあります。 年に一度、糸のお取り替えをおすすめいたします。

糸のお取り替えの目安

頻繁にご使用いただいていなくても真珠を連ねている絹糸が水分等を吸収し、緩んだり弱くなったりしている場合があります。
クラスプ(留金)の片側を持ってネックレスを下げた時に、イラストのように真珠と真珠の間に糸が見えるようであれば、早めの糸のお取り替えをおすすめいたします。
久しぶりに着けてみたら突然糸が切れて真珠がなくなってしまったということにならないように、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

パールネックレスの糸替えの際のお預かり

ミキモトでは、お手持ちのミキモト製のパールネックレスの糸替えを無料で承っています。お近くの「ミキモト」の店頭でお気軽にお申し付けください。なお、特殊なデザインのネックレスや海外店舗でのお取り扱いにつきましては、有料となる場合もございます。
販売員がお客様のネックレスの状態や真珠の数などを確認し、大切にお預かりいたします。
糸替えには約2週間いただいています。予めご了承ください。(お品物やネックレスの状態などによってお預かり期間が異なる場合がございます。)
また、糸替えと同時に、真珠のクリーニングやパールネックレスの長さの調節をすることも可能です。

店舗案内を見る

糸替え後のパールネックレス

糸替え直後のパールネックレスは、糸が多少ピンと張った状態ですが、ご使用いただくうちに糸が馴染み、胸元で美しいラインを描きます。

※登録制メールマガジン「パールインフォメーション」にお申し込みいただきますと、年に一度糸替えの時期をメールでお知らせいたします。

パールインフォメーションへ