SKIP TO CONTENT

現代のネックレス事情

真珠のネックレス選びで重視する点が変わってきた?

「真珠のネックレスは1人で2本持つ時代に?」のコラムで「真珠のネックレスを1人で複数持つ時代になってきている」という調査結果をお伝えしました。皆さんはチョーカーネックレスの次に2本目、3本目の真珠のネックレスを購入する場合、どのような点を重視して選びますか?ミキモトでは真珠のネックレスに対する意識について一般女性を対象にしたWEB調査を2011年と2015年に行いました(※)
その結果、購入を検討するときに重視するポイントが、4年の間に変化していることがわかりました。

「真珠の品質」は2回の調査ともに1位でしたが、2011年3位の「デザイン」が2倍以上に伸びて2015年は1位の「品質」にほぼ近い値の2位に。逆に2011年2位の「価格」は2015年では3位となりました。
この結果から近年はデザイン性を重視する傾向があることがわかります。

今後欲しい真珠のネックレスとは…

今後真珠のネックレスを購入するとしたら、どのような種類のネックレスが欲しいと考えているのでしょうか。2015年の調査で聞いてみました。

上位2つのネックレスについて年代別回答を見てみましょう。

「二連以上のネックレス」を選んだ人が最も多かったのは20代で、「ロングネックレス」の約2倍でした。「ロングネックレス」を選んだ人はどの年代もほぼ20%前後と大きな差はありませんでした。いずれのネックレスも年代が上がるほど欲しいと回答した人が減っているのは、チョーカー以外のネックレスを既に入手している、ということが考えられます。
真珠のネックレスはフォーマルからカジュアルな服装まであわせることができる万能なジュエリーですが、タイプの異なるネックレスを持っていると、洋服とのコーディネートのバリエーションがさらに広がります。少しずつ色々なタイプのネックレスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※WEB調査概要
対象:アコヤ真珠のチョーカータイプのネックレスを1本以上所持し、自由に使えるお金が1ヶ月に3万円以上の20代〜50代の女性
調査期間とサンプル数
@2011年10月下旬〜11月上旬 各年代130名 合計520名
A2015年6月下旬 各年代148名 合計592名