SKIP TO CONTENT

ネックレススタイルとトレンドの関係

コーディネートアイデアで楽しむチョーカー

チョーカーサイズの真珠ネックレスは優れもの

首に沿う約40cmの真珠のチョーカーネックレスをお持ちの方は多いと思います。
でも、フォーマルな機会だけのネックレスになっていませんか?
確かに首元に真珠のチョーカーを飾ればグッとフォーマルな装いになり、きちんとした場に出席するときの必需品です。でもそれだけでは、折角のネックレスも宝の持ち腐れ。
今回は、チョーカーをもっといろいろなシーンで楽しむためのアイデアをご紹介します。

パールチョーカー+ブラックドレス+α

黒の装いは、おしゃれの基本。
でも、黒のスーツやワンピースに真珠のチョーカーだけでは悲しみの席に出席するの?と思われがちです。
そんな時にはパールネックレスをもう1本重ねたり、キラリと輝くダイアモンドなどのペンダントや明るい色合いのスカーフなどと合わせると、上品さを残しながら華やかさも感じられるコーディネートになります。

このテクニックはアイデア次第で応用がききます。ぜひ、自分流のおしゃれの基本に真珠のチョーカーネックレスを加えてみましょう。
真珠は、単色でとてもシンプルなのであらたまった印象を持つ方も多いのですが、シンプルなジュエリーですので、むしろ組み合わせやすく、少しの工夫でおしゃれ度がアップする便利なアイテムです。

ペンダントを重ね付けすればデイリーな装いになります。
ダイアモンドや揺れるダングリングタイプのイアリングを装うのもアイデアです。
あるいは長めのストールを巻いた首元にチョーカーというのもおしゃれな印象を残します。
パーティーの席では、チョーカーにさらにもう1本長めのネックレスをプラスするのも素敵です。
チョーカーが7ミリ位のパールサイズであれば長めのネックレスは小粒タイプの真珠をおすすめします。
又、チョーカーを二重にしてブレスレットとして楽しむ方法もあります。

大切な真珠のネックレス・・・、ずっとしまったままではありませんか?
毎日の装いにぜひお試しください。
ファッションの幅が広がりますし、ネックレスのメンテナンスにもつながります。