SKIP TO CONTENT

ネックレススタイルとトレンドの関係

装いとともに自由に楽しむアレンジネックレス

インフィニティーオペラ

インフィニティーオペラ

一見、定番のシンプルなロングネックレスに見えますが、留め金に工夫が凝らされています。パールを包み込むように立体的にデザインされ、開くと8の字のような形=インフィニティー(無限)を象ったクラスプは、クラスプ同士ですっきりと留められるだけでなく、ネックレスの好きな位置に留めることもできます。この留め金はミキモトのオリジナル。このクラスプでさまざまな表情のネックレスを楽しむことができます。

シンプルなワンピースにロングネックレスとして装えば上品で華やかな雰囲気に。
また、Y字スタイルのネックレスにすれば少しクールなイメージを演出できます。
さらに2重にすれば上半身にポイントを置いた華やかな着こなしになり、着席のパーティーでのおすすめの装いです。

イラストのように、同じワンピースでもネックレスのアレンジ次第でヘアスタイルや合わせる小物にも変化をつけたくなりますね。

ラリエット(※)のように着けてTシャツなどに合わせればカジュアルなシーンにも活躍します。
※ ラリエットは胸元で結んで装うタイプのネックレス。両端にデザインが施されているものもあります。

パール&チェーンのネックレス

MIDDLE SIZEのパール&チェーンのネックレス

長めのオーバル型のパーツを組み込んだデザインチェーンとの組み合わせ。
フォーマルなイメージがある真珠のネックレスをより軽やかに装うことができます。

チェーンを繋げてロングにすれば軽いカジュアル感のあるデザインネックレスになります。シンプルなチュニックに着けて、リラックスしたさりげないお洒落が演出できるでしょう。

2重にすればマチネ(約60m)の長さになるので、ロングより視線を上に集めることができます。カシミアのセーターなどにゆったりと着けるのも素敵でしょう。

真珠とチェーンを別々に着ければ、まったく違うイメージを演出できます。真珠だけならフェミニンに、チェーンだけならカジュアルで辛口な印象になります。

アレンジネックレスは、何通りにも使用できて、イメージを変えることのできるネックレスです。コンパクトに持ち運びができ、シーンに合わせたさまざまなお洒落を楽しむことができます。
昼と夜で使い分けたり、旅のお供に1本お持ちになるのはいかがでしょうか?