SKIP TO CONTENT

ネックレススタイルとトレンドの関係

個性的なおしゃれを楽しむカクテルネックレス

“カクテル”というと美しいお酒やドレスを思い浮かべる方も多いと思います。
実は、ネックレスにも“カクテル”という言葉が使われています。
「カクテルネックレス」とは、真珠のネックレスにさまざまな宝石のビーズや貴金属のパーツをあしらった楽しいネックレスのこと。カクテルドレスと同様に格式張らない華やかな場面にもよく似合います。
基本のシンプルな真珠のチョーカーやロングネックレスの次に揃えておけばおしゃれの幅が大きく広がります。

今回はネックレススタイルをより華やかに演出する「カクテルネックレス」をご紹介します。

きらきら輝くダイアモンドや金属のパーツをあしらったネックレスは、エターナルな印象でありながら個性的な装いが楽しめます。

トルコ石、ペリドット、ガーネットとホワイトゴールドのパーツ入りネックレス
(ネックレス:KZ-5246HB、ブレスレット:RD-5246HU)

オニックスやトルコ石を入れたデザインはタートルネックのニットにも夏のモノトーンドレスにも。陽射しの明るい季節にはペリドット、アメシストなどの美しい色合いの宝石をあしらったデザインがおしゃれです。

ブルー系の装いが好みの場合はラピスラズリやトルコ石、茶系ではガーネットのビーズという様に同系色でまとめたり、ベージュのジャケットの襟元にアメシストなどアクセントになるカラーを組み合わせるのもおしゃれです。
また、お気に入りのバッグやシューズとのカラーコーディネートというのもアイデア。

アコヤ真珠、ガーネット、ロッククリスタルのカクテルネックレス。
クラスプも七宝で同系色に。

このカクテルネックレスは、お手持ちの真珠のネックレスに宝石のビーズやパーツを組み入れることもできます。糸の組み替えだけで変身できるので、元のネックレスに戻すことも可能です。
天然石のビーズには多くの種類がありカラーも豊富。また地金に宝石を入れたパーツなどもポイントになります。一緒にダイアモンドをあしらったパーツを組み入れれば輝きが一層増します。
お手持ちの真珠のネックレスをアレンジする場合は、宝石のビーズやパーツの揃っている専門店でご相談いただくことをお勧めします。

季節や装いの好みに合わせたカクテルネックレスで、個性豊かな“あなただけのネックレススタイル”を楽しみましょう。