SKIP TO CONTENT

MIKIMOTO History

「世界中の女性を真珠で飾りたい」—創業者 御木本幸吉

真珠に生涯を捧げ、Pearl King(真珠王)と呼ばれた創業者 御木本幸吉。誰も実現することができなかった真珠の養殖を1893年に世界で初めて成功させ、歴史へその名を刻みました。「世界中の女性を真珠で飾りたい」幸吉が抱いたこの夢をMIKIMOTOは一世紀以上も受け継いでいます。

世界で初めて真珠の養殖に成功。MIKIMOTOの歴史が動き出す。

それまで天然真珠は偶然の産物でした。1000個の貝の中に、1個あるかないかの大変希少で高価なものだったのです。美しさを追求する才能に恵まれていた幸吉は、世界中の誰もが愛する真珠を自分の手でつくり出そうと決意。途方もない夢を幻では終わらせず、1893年、世界で初めて半円真珠の養殖に成功。その後、真円真珠の養殖だけではなく、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。こうして幸吉は世紀の発明を成し遂げ、MIKIMOTOは養殖真珠のオリジネーターとなったのです。

銀座から、世界へ。そして、幸吉が夢を抱いたパリ・ヴァンドーム広場にも出店。

“世界” が今よりも広く遠く感じた頃から、幸吉の目はすでに “世界” を捉えていたのです。1899年、日本初の真珠専門店「御木本真珠店」を銀座に出店し、その後次々に海外へと進出。戦前にはすでにロンドンやニューヨークなど世界7ヶ所に支店を開設しました。幸吉が夢を抱いたパリ・ヴァンドーム広場にMIKIMOTOは東洋でただひとつのハイジュエラーとして、1986年から店を構えています。今までもこれからも。各国のロイヤルファミリーやセレブリティをはじめ、ジュエリーをこよなく愛する世界中の方々へ最高峰の輝きをお届けします。

御木本貴金属工場(1913年頃)

日本の近代宝飾史の扉を開き、ジュエリーの美しさと文化を広める。

真珠以外のジュエリーにもいち早く関心を持っていた幸吉。優秀な職人たちをヨーロッパへ派遣し、アール・ヌーヴォーやアール・デコなど当時最先端だったジュエリーのデザインと製作技術を習得させました。そして、ヨーロッパの製作技術と日本の伝統的な技法が融合した様式「ミキモトスタイル」が誕生したのです。こうしてMIKIMOTOは養殖真珠のオリジネーターだけにとどまらず、日本の近代宝飾史の扉も開きました。日本にジュエリーの美しさや文化を広めたのはMIKIMOTOといっても過言ではありません。

ミキモト真珠島 真珠博物館蔵

パリ万国博覧会へ出品した帯留「矢車」。驚きを与え、称賛を受けた伝説のジュエリー。

人々に驚きを与えながら、真珠を広める才能も発揮した幸吉。新聞や広告に頼るだけではなく、特に海外の博覧会へ積極的に出品しました。単に真珠を真珠として見せるのではなく、趣向を凝らしアイキャッチャーに仕立てる工夫を怠りませんでした。こうして、真珠の養殖、加工、販売という前人未到の偉業を成し遂げた “MIKIMOTO” を世界中の人々へ強く印象づけていったのです。そのひとつが、1937年のパリ万国博覧会に出品した「矢車」。帯留だけではなく、ブローチや髪飾りなど十数通りのジュエリーになるという自由で斬新な発想は、世界から称賛を受けました。

開設当時のパリ支店。写真の看板の店舗名は、後に修正されました。

「パリ裁判」をきっかけに、世界に認められたミキモトパール。

「日本の真珠商人が扱っている養殖真珠は、天然真珠の模造品であり、それを売るのは詐欺商法だ」と伝える記事が、1921年、ロンドンの新聞に掲載されました。日増しに騒動は広まり、パリでも養殖真珠に対して疑いの目が向けられることに。フランスでの3年にも及ぶ民事裁判の結果、MIKIMOTOは勝訴を勝ち取りました。学者たちが、養殖真珠と天然真珠は科学的に違いがないと発表することで、ミキモトパールに対する偏見を正したのです。この「パリ裁判」をきっかけに、養殖真珠とMIKIMOTOは世界に広く認められました。

エジソンからの手紙

発明王エジソンも感嘆。「真珠を発明されたことは、世界の驚異です」

1927年、欧米へ視察に行った際、発明王エジソンとの会見が実現しました。ミキモトパールを贈りものとして差し出すと、エジソンは感嘆してこう言ったのです。「これは養殖ではなく真の真珠です。私の研究所でできなかったものが二つある。一つはダイアモンド、いま一つは真珠です。あなたが動物学上からは不可能とされていた真珠を発明完成されたことは、世界の驚異です」発明に対する真の理解者の言葉に、幸吉は大いに励まされたのでした。

1893年

半円真珠の養殖に成功

御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功

1899年

御木本真珠店開設

京橋区弥左衛門町(現・銀座4丁目並木通り)に御木本真珠店開設

1905年

真円真珠の養殖に成功

半円真珠の発明から10年以上の歳月をかけて、完全な球体をもった真珠の発明に成功した。

1906年

御木本真珠店、銀座4丁目(現・中央通り)に新築移転

銀座の中央通りに面した白い石造りの洋館は、「真珠色の店」と称され、その斬新さでひときわ注目を集めた。

1907年

御木本金細工工場開設

東京・築地に日本初の本格的な装身具工場、御木本金細工工場(現ミキモト装身具)を開設。

1908年

カタログ「真珠」を創刊

カタログ「真珠」は単に商品を宣伝するというだけでなく、装身具の歴史や文化といった総合的な観点から編集された今日でいう商品カタログ。明治41〜昭和13年に渡り刊行。

1913年

ロンドン支店開設

早くから海外に目を向け、イギリス・ロンドン出店を皮切りに世界各地に店舗を開設していった。

1924年

宮内省御用達の称標許可

1924年

パリ裁判

養殖真珠は偽物であるとしてパリで排斥運動が起きたが、学者たちの学会論文や著書により、養殖真珠は天然真珠と変わらないものであると証明された。

1927年

ニューヨーク支店開設

ニューヨーク支店のあった五番街のデルモニコビル

1928年

パリ支店開設

パリに拠点を構える。看板の店舗名は後に修正された。

1932年

粗悪真珠の焼却

幸吉は神戸商工会議所前で粗悪真珠を焼却し、日本の真珠の品質を守ることを国内外にアピールした。

1937年

パリ万国博覧会に帯留「矢車」を出品

帯留や簪など十数通りもの使い分けを可能にした、ミキモトを代表する多品種兼用機能の帯留(ミキモト真珠島 真珠博物館蔵)

1951年

昭和天皇が多徳養殖場を行幸

1965年

香港に御木本真珠寶有限公司を設立

香港の百貨店レーンクロフォードとの合弁会社、御木本真珠寶有限公司を設立する

1966年

「日本さくらの会」にクラウン寄贈

第1回さくらの女王選出大会開催

1973年

「PARIS VOGUE」でミキモトの特集記事掲載

「ミキモトパール」は高い評価を得て、1973年(昭和48年)国際的なファッション誌「パリ・ヴォーグ」の9月号ではミキモトの特集記事が掲載された。

1974年

銀座4丁目 本店ビル 完成

1986年

パリ・ヴァンドーム広場に店舗をオープン

1995年

ロンドン・ニューボンドストリートに店舗をオープン

1995年

ニューヨーク店を5番街の現在の場所に移転

2004年

中国初の直営店、上海店をオープン

2005年

銀座2丁目にMIKIMOTO Ginza2オープン

2007年

福岡県相島(あいのしま)にて新たな養殖事業を開始

2016年

香港の複合施設「1881 ヘリテージ」に店舗をオープン

2016年

ビジュアルブック『THE PEARL NECKLACE』を出版

2017年

銀座4丁目本店グランドオープン