SKIP TO CONTENT

ミキモトパールの魅力

1893年に御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功して以来、120年以上にわたって美しいパールを見つめ続けているミキモト。「世界中の女性たちの首を真珠で飾りたい」という御木本幸吉の願いを引き継ぎ、パールの価値について、品質について、何よりもその美しさについて、私たちは誰よりも知り尽くしていると自負しています。厳しい品質管理と多くの時間を費やして生まれたからこそ、ミキモトのネックレスは世代を越えて世界中の女性たちに愛されているのです。

ミキモトのパールネックレスには、その証として
“サークルM”のエンブレムパーツをお付けしています。

ミキモトパールの品質

真珠は、たとえ同じ海、同じ種の貝で育ったとしてもひとつとして同じものはできません。
ミキモトのパールジュエリーに使用される真珠は、数多くの真珠を選り分け、全体の1割にも満たない程の厳しい基準を設けることで、その確かなクオリティを保っています。パールのクオリティはさまざまな要素が重なってきまります。

真珠を選ぶ際、まず大切なのが光沢です。表面のなめらかさ、真珠層の結晶の厚さや均一さなどで光沢に差がつきます。光沢の深みは“巻き”とも密接な関係があり、“巻き”の厚いものほど光沢に深みがあります。

巻きとは真珠層の厚さのこと。厚いものほど良質で、耐久性の面からも重要な要素です。巻きは真珠の養殖期間とも関係があり、期間が短いほど薄くなります。

真円に近ければ近いほど良いとされますが、ユニークな形のバロック(不定形)や、ゆるやかな曲線が優美なドロップ(しずく形)も魅力的です。

真円の場合、一般的に真珠の直径をミリ単位で表します。アイテムや用途によって適したサイズを選ぶと良いでしょう。

真珠は白珠というように、基本的には白または乳白色です。アコヤ真珠にはピンク系の他に、ホワイト系、グリーン系、クリーム系、ゴールド系などがあり、色の均質なものが良いとされています。

パールネックレスの長さ

ひとくちにパールネックレスといっても、いくつかの長さ(レングス)があります。
改まったお席で。あるいはカジュアルなファッションに。
昼間の集りに。夜のお出かけに…。
高い品質を誇る真珠を使ったパールネックレスの美しく上品な輝きは、それぞれのシーンやファッションに合わせて、装う人の気品と優しさを引き出します。
ミキモトではさまざまなタイプのパールネックレスをご用意しています。
また、長さの変更、改作も承っていますので、お気軽にご相談ください。

チョーカー

長さ約40センチ。
フォーマルにもカジュアルにも、幅広くお楽しみいただける最もポピュラーな長さです。

マチネー

長さ約60センチ。
欧米では昼間の装いに多く用いられることから、この名が生まれました。

オペラ

長さ約80センチ。
改まった席に多く用いられるネックレスです。チョーカーレングスの約2倍の長さですので、2連にしてもお使いいただけます。

ロープ

長さ約120センチ。
最も長く、チョーカーレングスの約3倍の長さのネックレスです。2連、3連として、また、結び目をつくってご使用いただくなど、さまざまなバリエーションがお楽しみいただけます。

Previous:
Next:

MIKIMOTO直営店では、パールネックレスの購入をご検討されているお客様のご来店予約を承っております。
ご予約の時間に専門のスタッフがお迎えして、お客様に最もお似合いになる美しいパールネックレスを選ぶお手伝いをいたします。
WEBサイトよりぜひお気軽にご予約ください。