SKIP TO CONTENT

ミキモトパールについて

自然の神秘を解き明かす

天然真珠は、偶然のきっかけで貝から生み出される希少な宝石。
その気品ある美しさは古来から人々を魅了してきましたが、長い間人の手では創り出せないとされてきました。
しかし1893年、ミキモトの創業者 御木本幸吉が人々の夢を叶え、世界で初めて真珠を創り出したのです。以来ミキモトは養殖真珠のオリジネーターとして、その誇りとともに最高の美意識を持って真珠を育み続けています。

オリジネーターとしての誇り、ミキモトのパール

真珠の美しさを決定づけるのは、色、形はもちろん、表面のなめらかさ、光沢、そして真珠の神秘性である“マキ(巻き)”と呼ばれる真珠層の厚みです。パールのクオリティはこれらの要素が重なって決まります。
ミキモトには、これらを見極めるために積み重ねてきた、独自の評価基準があります。世界に誇れるこの基準に照らし、厳格に選び抜かれた最高級品質のアコヤ真珠だけが「ミキモトパール」となるのです。

さらに、ひとつとして同じものが存在しない繊細な個性を見極め、隣り合う真珠が一つの輝きを放つよう、同じ色、同じ光沢のものを並べていく「マッチング」では入念な作業が繰り返されます。中でもパールネックレスの真珠の並びは「連相(れんそう)」と呼ばれ、ミキモトでは特に重視しています。気品ある輝きを醸し出す「ミキモトパール」は、オリジネーターとしての誇りの象徴なのです。

真珠の種類

世界の海や湖で生まれる美しい真珠の数々。真珠が放つ気品あふれる光沢と神秘的な色は、育まれる母貝によって異なり、さまざまな表情を見せます。貝が持つ色調だけでなく、貝の育った環境によって真珠一粒一粒に優美な個性が宿るのです。ミキモトは真珠自身が持つ美しさを存分に生かし、上質なパールジュエリーを生み出しています。

アコヤ真珠

日本で養殖される代表的な真珠貝であるアコヤ貝。この貝から採れるアコヤ真珠は、気品を感じさせるまろやかな美しい光沢が魅力で、最もポピュラーな真珠です。真珠の大きさは直径3〜8ミリが中心で、9ミリを超える大きさのものは希少と言えます。

黒蝶真珠

主に仏領ポリネシア(タヒチ)近海で養殖される黒蝶貝。この貝から採れる黒蝶真珠は、渋い輝きを放つシルバー系からブラック、グリーン、ブルー、グレー、ブラウン、レッド、イエローなどさまざまな色があります。光沢が優れ、さまざまな色が干渉しあうことで孔雀の羽を連想させる色合いになったものは、ピーコックカラーと呼ばれ珍重されます。

白蝶真珠

主にオーストラリア、インドネシア、フィリピン、ミャンマーなどで養殖される大型の真珠貝である白蝶貝。この貝から採れる白蝶真珠は、主に直径10ミリを超える大粒の真珠で、真円はもちろんドロップ型などの美しい形もあります。

白蝶真珠(ゴールデン)

白蝶貝には、貝殻内側の真珠層の縁が白いものと黄色いものがあり、それぞれシルバーリップとゴールドリップと呼びます。ゴールドリップの貝から採れる白蝶真珠は、黄金色に輝く華やかな色が特徴でゴールデンパールと呼ばれます

コンクパール

カリブ海一帯に生息する巻貝で、一部の地域では食用にされているピンク貝から採れるコンクパール。ピンク色が一般的でオーバル形状が多く、表面に現れる独特の火炎模様が特徴です。

Previous:
Next:

真珠が出来るまで

真珠養殖は、まず稚貝を採取して健康な貝に育てることから始まります。貝の成長に応じて養殖カゴを交換し、カゴや貝に付いた付着物の掃除などきめ細かな手入れをしながら、およそ2年間かけて核入れができる母貝にまで育てます。

真珠養殖において、核入れが最も大切な瞬間です。別の貝の外套膜(がいとうまく)と呼ばれる器官を2〜3ミリ角の小片に整形した「ピース」と、淡水産二枚貝の貝殻を丸く成形した「核」を母貝の体内に一緒に移植します。核入れの手際の良さと正確さが、真珠の品質に大きく影響します。

核入れした貝は、湾内の波の穏やかな漁場で養生します。その後、潮の流れがよい沖の漁場に移し本格的な真珠養殖が始まります。水温や貝の餌となる植物プランクトン量等の漁場環境の変化に気を配り、赤潮、台風などの突発的な異変や自然災害から貝を守ると共に、生育を妨げるフジツボなどの付着物を取り除く貝掃除をこまめに行うことにより良質な真珠が育まれます。

水温が低下し緻密な層ができる寒さの厳しい冬、人の手で貝から真珠を採取する「浜揚げ(はまあげ)」が行われ、美しい光沢を放つ真珠が誕生します。採取された真珠のすべてが宝飾品になるわけでなく、厳しい選別を経たものだけがジュエリーとなるのです。