SKIP TO CONTENT

ジュエリーのお手入れ

ジュエリーの持つ輝きを保ち続けるために、真珠やダイアモンドのお手入れの方法をご紹介します。

日常のお手入れ

ジュエリーに、化粧品やヘアスプレー、香水などが付着すると、汚れやほこりを吸収して輝きが失われたり、変色、退色の原因になります。ジュエリーはメイクの後でつけましょう。また、身につけた後は柔らかい布で拭いておきましょう。

保管方法

チェーンが絡まったり、宝石同士が触れ合ってキズがついたりしないよう、留金やピンはきちんと留め、ジュエリーはひとつずつ分けて保管してください。持ち歩くときはジュエリーポーチに入れるようにしましょう。

メンテナンス

大切にジュエリーを扱っていても、時間の経過とともに細工部分が緩んでくることなどがあります。宝石を支えているツメやネックレスの留金、イアリングやピアスの金具、ブローチのピンなどはこまめなチェックをおすすめします。何か気になる点がありましたら専門店にお持ちください。クリーニングについても、ご自身で超音波洗浄機等を使用して行った場合、まれにツメなどが緩み宝石が外れることがございますので、ご注意ください。ミキモトでお求めいただいたお品物であれば、簡単なクリーニングから磨き直しやサイズ直しなどの修理・加工まで、店舗にて承ります。

サイズ直し

リングのサイズが気になる場合は、店舗にご相談ください。ただし、お品物によっては承れないものや、サイズ直しの範囲が限定されているものもございますので、ご注意ください。