MIKIMOTO直営店の営業状況について、詳細はこちらよりご確認ください。

close
Mikimoto
    お気に入りリストは空です。

Please select a location and what language you would like to see the website in.

VISIT SITE
Mikimoto Diamond

Mikimoto Diamond

真珠だけではなく、日本におけるダイアモンドの歴史も築き上げたMIKIMOTO。

MIKIMOTOとダイアモンド

あくなき美への追求は、真珠のみならずダイアモンドにも。創業者 御木本幸吉は、1911年、優秀な職人たちをベルギーのアントワープに派遣。宝石の加工技術を学ばせ、門外不出だったダイアモンド研磨機等を持ち帰らせました。また、プラチナの加工技術もヨーロッパにていち早く習得。こうして、MIKIMOTOは日本におけるダイアモンドジュエリーの歴史を築き上げました。

4Cについて

4Cについて

ダイアモンドは、 “4C” と呼ばれるCut(カット=輝き)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティ=透明度)、Carat(カラット=重さ)の4つの要素によって評価されます。この評価を外部の鑑別会社だけに任せることなく、さらにMIKIMOTOの宝石鑑定者が厳しく選び抜いたダイアモンドだけを使っています。

詳細を見る

独自の判断基準「Criterion(クライテリオン)」

米国宝石学会(GIA)の基準によってグレーディングされたダイアモンドの中から高品質なものを選び、さらにMIKIMOTO独自の判断基準「Criterion(クライテリオン)」に照らし合わせて、美しい輝きだけを選び抜いています。

Mikimoto

ブライトネス
内部・外部から反射される強い白色光

Mikimoto

ファイアー
七色に分かれた虹色の光

Mikimoto

シンチレーション
光のきらめきと、明るい部分・暗い部分の対比

「Criterion(クライテリオン)」とは

4Cのグレードだけでは測ることのできない美しさを放つ、MIKIMOTOのダイアモンド。その秘密は「Criterion(クライテリオン)」と名づけられた独自の判断基準にあります。「輝きのバランス」を最も重視した基準であり、洗練された輝きを放つダイアモンドを選び取るために、細部に至るまで厳格にチェックを行います。
ダイアモンドの持つ3種の輝き――ブライトネス(白色の光)、ファイアー(虹色の光)、シンチレーション(きらめき)が最も美しく調和したものだけが、MIKIMOTOのブライダルリングへと姿を変えます。

品質保証

品質保証

MIKIMOTOのブライダルリングには、ダイアモンドの品質を表す4Cのグレードを記載したグレーディングレポートをお付けしています。また、MIKIMOTOのジュエリーには必ず、MIKIMOTO または 貝M の刻印が施されており、この刻印そのものが証明書の役目を果たします。

詳細を見る